日常生活がスムーズ

脂肪溶解注射の特性として、脂肪吸引と対比して語られるのが、身体に与える影響が少なく、日常生活がスムーズに過ごせるという点です。美容整形手術において使われる、施術後の日常生活に戻れるまでの期間のことをダウンタイムと呼びますが、これがとても短いのが、脂肪溶解注射の特徴です。この点を活かさない手はなく、脂肪吸引を行うようなスケジュールを組み立てるような余裕がなくても、気軽に取り入れられる治療という点に魅力を感じる人は少なくありません。
忙しい現代人にとって、ダイエットをとことんサポートしてくれる手法の中でも、脂肪溶解注射の有用性に着目しない手はないといえます。

実際に脂肪溶解注射を利用するとして、想定しておくべきダウンタイムはほぼありません。なぜなら、施術後に多少の腫れがあるのは避けられないものの、衣類で隠すことができる上に、腫れによる痛みも日常生活を妨げるようなものではないからです。筋肉痛のような痛みと表現されることもあるため、立ち仕事に従事している人の場合は多少仕事が大変になるかもしれませんが、心配ならばカウンセリングで相談をしてみて、スケジュールを調整してから施術を受けると良いです。
なお、顔にも施せる脂肪溶解注射ですが、顔に施術を行った場合はおたふくかぜを患っている時のような腫れが出るといわれているため、マスクなどで隠せるとは言っても、人前に出るような機会がある場合や、フォーマルな場を控えている場合には、少し時期をずらして施術を受けるほうが良いといえます。
これらの点に気をつければ、施術当日からシャワーを浴びることもできて、腫れの度合いによってはマッサージを受けても問題無いといわれるなど、日常生活に影響を与える部分が少ないのが脂肪溶解注射の魅力です。